北海道大学

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2015.12.4

北海道大学に訪問へのタクシー大当り!
小樽新聞のアーカイブを持ち歩く運転手さんであることを突き止め、大正3年1月15日の九州記事を見つけ出しました。
●黒煙漲る九州の天
薩摩・肥後・日向の同胞皆恐怖に包まる。
櫻島嶽 霧島山 阿蘇山 いづれも大變徴
駆逐艇隊急行、熊本に續々避難、監獄被害多大、建物は皆破壊、侍従御差遣、鐵道破壊多し、噴火益々猛烈、鹿兒嶋無事?軍艦來援する、幼兒黒焦げになる
もうヤバイです♪
12312181_969007089840160_2014454210_n 12336268_969006549840214_970996439_n

北海道大学で見たかった明治9年クラーク先生の構想により作られたモデルバーン。
ここから始まるホルスタインがその後の乳牛の優秀な種を産み出しました。
元々は別の場所にあった建物を、やはり明治時代にこちらに集約移築とのこと。
大学は歴史ある建物を維持することがアイデンティティとなることを知り感激しました。
福岡では特に市民の声もなく大学が解体されていくことに麻痺してしまい、普通に考えると当たり前のことでした。
12348344_969007123173490_1674553201_n 12346676_969007629840106_177268643_n 12351212_969007649840104_990976306_n 12348702_969007586506777_167168258_n 12312421_969007573173445_1936634608_n 12325319_969007179840151_1191586982_n 12325074_969007603173442_1460116098_n 12312557_969007156506820_1614786768_n
有名なポプラ並木は2004年台風で半数が倒壊も、全国からの寄付金で再生中。
北大博物館が出された木々の被害の記録集「烈風一過~北大キャンパスの木々」で書かれた 藤田館長さんの一文より、
「壊れて初めて気づく木々と北大の歴史について、失って重要性に気づいても遅い。古きよきものを大切にする重要性と、新しき良きものをの創出の必要性 を北大が認識するきっかけになれば」と結ばれます。
全国からの支持が集まる理由は、このような言葉で社会に向け発信を続けられた努力の結果だと思いました。
現地に掲げられた、当時の中村総長のコメントが胸を打ちました。
国民に愛される開かれた大学とは、こういうことなんですね。
12348312_969167376490798_1855148296_n 12348683_969006893173513_138917627_n 12348770_969006949840174_442982917_n 12312219_968994353174767_2065640577_n 12325332_969006653173537_370185421_n 12348732_969206499820219_340725838_n 12312398_968994396508096_1159955938_n 12312516_969006856506850_1632155907_n
北海道大学の歴史的建築物は複数の建物で耐震補強中でした。
博物館が耐震工事 休館で残念でしたが、本気で建物を残してもらえるので、まだ数世代にわたり 全国の人たちが、北海道大学で学び、博物館を訪れることができるわけですね。
市民に愛される大学、学舎とはこういうことなのかと、ハッとしてしまいました。
12325206_969008596506676_435112835_n 12336246_969008546506681_632208803_n 12346890_969008299840039_1524188060_n 12348429_969006589840210_1899898743_n 12351248_969006633173539_2114910302_n 12335890_969006613173541_1666281426_n
雪がつもる 北大構内 サクシュコトニ川 でカラスの水浴び。
きたキタキツネに餌をあげてはいけません。
12346896_969008809839988_1007824328_n 12346849_969008723173330_113001677_n 12348779_969008663173336_1261654528_n 12348581_969008686506667_1208043603_n 12346779_969006903173512_6272190_n
学内では、美しい木造「古河講堂」と、⇒ ハードウエア
理学部 中谷博士の「人工雪 発明」の碑と、 ⇒ ソフトウエア
「猪熊新聞」が共存しておりました♪ ⇒ コミュニティ
12325206_969008596506676_435112835_n 12312307_969008613173341_1854351695_n 12346848_969008263173376_1750939239_n 12319690_969008273173375_470121802_n 12348387_969008229840046_1483270561_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。