吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > 自社物件 > 天神パークビル > 天神パークビル屋上の「たのしイネ」子供記者

天神パークビル屋上の「たのしイネ」子供記者

カテゴリー:天神パークビル
投稿日:2015.12.11

私どものオフィスビル型ビンテージビル「天神パークビル」屋上では、2011年より市民活動による “ペットボトル田んぼ” を作ってます。
今年一年は 西日本新聞の子供記者・子供特派員たちもいっしょに、西日本新聞に連載しながらの活動をおこないました。チームネームは「たのしイネ」♪
今回は、自分たちで名前を付けた「ペット稲」の稲刈りをおこないましたが、これまでの種まき・苗植え・開花・稲刈りと1年間の成果です。
ご指導の、福岡教育大学 平尾健二教授より「白化は台風など強い風で水分が抜け、もみが無いのはスズメが食べて」と稲作の苦労をお話し頂きました。
子供記者より「3つの苗から29本の稲が生え、10倍に増えた」と驚きの声や。大変なこともあるけど達成感」「自分で作ったお米は世界一」と、次回は自分たちで作ったお米を食べるのでした♪
「たのしイネ」
https://m.facebook.com/tanoshiine/
12357225_972599619480907_1412949901482933960_o

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。