上書き都市 福岡

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2015.12.26

福岡市博物館 有馬館長さんが言われた「上書き(アップデート)都市 福岡」は、言い得て妙ですね。

「上書きは消去ではなく、その下で歴史は残り続ける。」

西日本新聞 福間さんの記事は、先日のホークスタウン再開発記事と対になってるようで。

私たちの場合は、昔ながらの建物を今に活かすことで、古くて忘れられそうな福岡の記憶媒体である建物として、上書きせずとも残せるようなお仕事ができれば、それが「ビンテージビル」なのかなと思いました。
12404522_980057925401743_1817843317_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。