全国賃貸住宅新聞~今年の一文字

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2016.1.19

全国賃貸住宅新聞さんの今年の一文字は「連」としました。
記事にありますように、今年の「DIYリノベWEEK 2016」は、熊本県も参加計画中で、福岡・熊本・鹿児島の「九州リノベツーリズム連合」の実現が目標です。
「連」にはもちろん、「つながり続く。結びつなぐ」など、私たちの仕事に関係する文字なのですが、古代は別の意味を持っていたようです。
①「むらじ【連】」:古代日本の姓(かばね)の一つ。〈むらじ〉の語源は「ムラ(村)ジ(主)」の意かと言われており、古くは尊称であったらしい。
②古代の姓 (かばね) の一つ。主として神別の氏族で、伴部を率いて朝廷に仕える氏族に与えられた。連姓の最有力者である大伴、物部の両氏が大連として、大臣とともに大和朝廷の頂点に立った。天武朝八色の姓 (やくさのかばね) 制定のとき、連姓の大部分は朝臣 (あそん) 、宿禰 (すくね) を賜わり、連は第7位の姓となった。
一文字にこれだけの意味を持たせる日本語は奥深いですねえ。
12507493_995932857147583_7479244636794338619_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。