吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > スペースRデザイン事業 > 新高砂マンション の新カテゴリー「シールリノベ」 掲載:「家主と地主」3月号

新高砂マンション の新カテゴリー「シールリノベ」 掲載:「家主と地主」3月号

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2016.3.18

リノベデザイナー キタザキ君 2012年 企画設計で、今も話題の失敗のしようがないとも言えるお部屋をご紹介頂きました。
作品はロータリーのまち清川のランドマーク。「リノベーション ミュージアム 新高砂マンション」は room name「友達のばあちゃんち」!
リノベポイントは、懐かしさ倍増のてんとう虫のシールでした♪
ご入居が相次ぐ人気のこのお部屋のリノベーションを「シールリノベ」と呼びましょう 笑。
12794357_1033794576694744_6342916816509967796_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。