ピンポイント リノベ

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2016.4.4

国交省も編集協力の「月刊 不動産流通 2016 5月号」特集は、「賃貸ピンポイント リフォーム」。
空室に苦慮されてきた11室が、間もなく満室になった 株式会社スペースRデザイン の “ワンルーム リノベ 魅力化計画”「 フォリアオークス 」2事例です。
ここでハードウエアとして有効に機能したのが デザインチームが取り入れた “クリボー” と “バイクハンガー”。
一方で、魅力を表現するためのリーシングスキル=ソフトウエアとしての相乗効果がこの結果を生んだものと思われます。
これによって、今後の空家問題の主人公にもなり得るワンルームマンション再生の標準化手法が確立できそうです。
まだまだ、問題を抱える難しい領域ですが、ワンルームビルでコミュニティ育成ができれば、未来の都市型社会課題に対し一歩前進できるような気がしてきました。
これも、オーナーさん・工事会社さん・仲介会社さん・入居者さんなど ご一緒に取り組んで頂く皆様のおかげです。今後の変化に期待しながら魅力化の施策を続けたいと思います♪
12670690_1050289075045294_6827720319473204802_n12932759_1050289088378626_1647937123318731284_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。