吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > ビルストック研究会 > 久留米物件への一時避難は、ご無事に到着されました

久留米物件への一時避難は、ご無事に到着されました

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2016.4.21

「熊本市5月9日まで休校決定」をきっかけに、熊本・大分で被災された子供さん連れのご家族の要請で、久留米「コーポ江戸屋敷」に地震が落ち着くまで滞在して頂くことになりました。
大分から、崩落もありえる雨の高速道を走って避難の中。
久留米移住計画 半田兄弟に現地で待ってもらってますが、なんとか移動のご無事をお祈りします。
今、ムダに空いているゴールデンウイーク中の空室ファミリー物件は、被災者の皆さんの大事な空き家になりそうです。
熊本市、小中高は5月9日まで休校 避難者や余震考慮(日経新聞)

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。