吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > 自社物件 > 天神パークビル > 本を創ってもらった侃侃房さんから芥川賞ノミネート

本を創ってもらった侃侃房さんから芥川賞ノミネート

カテゴリー:天神パークビル
投稿日:2016.7.18

天神パークビルの入居者さん
「『書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)』の文芸誌『たべるのおそい』から、今村夏子さん小説『あひる』が、芥川賞ノミネート。地方発文芸誌からの選出は1999年以来17年ぶりとなる」(西日本新聞2016 7 17 平原奈央子さん記事より抜粋)
僕の『エンジョイ・・・ ビンテージビル!』も “かんぼう” さんから出版してもらいました。
同フロアの会社さんが芥川賞にかかわられるとは。何てスゴいことでしょう♪
13692589_1131759080231626_2879595755258822704_n 13754293_1131759110231623_5392426578685370569_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。