吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 日常のこと > 暮らし > 清陽通商株式会社 栗本社長の動きに注目すること

清陽通商株式会社 栗本社長の動きに注目すること

カテゴリー:暮らし
投稿日:2016.7.18

大阪の自転車仲間「清陽通商株式会社 栗本 唯さん」が、経営トップ対談に大きく出てる!
しかも、「空室率の高いエリアを活性化させて、大阪(の魅力)をひっくり返せれば最高です。コミュニティで若者を集め地域を盛り上げる発想を、吉原住宅(株式会社スペースRデザイン)吉原 勝己 から聞いたとき(洗脳されたとき?笑)は衝撃を受けました」と書いてあったり。
僕はきっかけであって、すでに 栗本さんの精神世界はロードと同様の進化度で “不動産プロ分野から まちの活性化を図る” 社長、企業、組織づくりの変革者として貴重な存在になられることが目に見えます♪
人生の半分を越えたところで与えられたテーマ「志と同志」というものは、奥深く、運命的なものだと改めて感じました♪
13690647_1131861603554707_2603642186457851350_n 13710023_1131861630221371_1265535831328953774_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。