ビルストック研究会 信濃さんが米国賞受賞

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2016.10.5

冷泉荘にオフィスを移された信濃設計研究所 建築家 信濃 康博先生が『American Architecture Prize 2016』受賞されました。
今回は、それまでオフィスとして使われていた 山王マンション リノベーション作品「時代移植」にて。米国で3度目の受賞になられます。
一緒に「NPO法人福岡ビルストック研究会」を始めて もうすぐ10年になりますが、一緒に苦労した仲間が成果を出されるのは感無量です。
誠におめでとうございます♪
nano Architects
>http://www.nano-architects.com/blog
14568180_1211887098885490_3529630928104866265_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。