吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > オーナー井戸端ミーティング > OIM10月例会『第2回九州DIYリノベSTUDY2016 公開勉強会』

OIM10月例会『第2回九州DIYリノベSTUDY2016 公開勉強会』

カテゴリー:オーナー井戸端ミーティング
投稿日:2016.10.28

不動産オーナーの勉強会「オーナー井戸端ミーティング」の皆さんを、主催した『第2回九州DIYリノベSTUDY2016 公開勉強会』にお招きさせて頂きました。
今回も大阪より大阪市立大学の西野雄一郎先生にアドバイザーとしてご参加頂くなか、登壇頂いたのは福岡・大川・宗像・熊本で独自の手法でストック再生に着々と実績を積み重ねられている新世代の方々。
福岡の城南区からは、吉浦ビルの吉浦隆紀さんよりまち活性化のための町カフェによる新たな「上長尾テラス」の取り組み。
中央区清川からは、廃墟ビルをf-garageへと驚くべき再生に持ち込まれ、しかも宗像のご実家の屋敷と納屋と山を、宗像シェアハウス、シェアオフィス、ツリーハウスで再生される、谷口竜平さん。
家具の町・大川で職人クリエイターチームを結成され、今年の「福岡DIYリノベWeek」に初参加される88’s garageの池上潤さんから 大川で再生中の店舗系木造建築のお話し。
そして、熊本のリノベーション界を引っ張られる、アスター代表の中川正太郎さんによる熊本ならではの再生の試み。
いろいろと大変なことが起こる時代ですが、九州は昔も今もこれからも、オモシロくなることがわかる2時間でした。
14670831_1238293242911542_2374019533874500698_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。