吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > ビルストック研究会 > 『福岡DIYリノベWEEK 2016 のメインイベント 大牟田集合シンポジウム』のご案内

『福岡DIYリノベWEEK 2016 のメインイベント 大牟田集合シンポジウム』のご案内

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2016.10.28

ご案内できました!大牟田に100人集れば何かが変わりそう~
◆申込み方法:以下の申込みフォームからお申し込みください。
https://goo.gl/forms/2XYQYaWfYE9uv2zy1
2016年11月12日(土)15:00~の基調講演は長野市善光寺前空き家を激変され、僕らも一緒に活動させて頂いた我らが MYROOM 倉石 智典 さん。
その前の14:00~ 何と「日本フィルハーモニー交響楽団」さんにウエルカムコンサートで応援頂きます!

 

《シンポジウム概要》
老朽物件の空間を自らカスタマイズする”DIYリノベ”。そのおもしろさや可能性を、広く体験できる1週間として「DIYリノベWEEK」を福岡県内12カ所で開催。メインイベントとして各チームが一堂にそろうシンポジウムを大牟田のビンテージビルの旧キャバレー冨士にて開催。基調講演には長野市よりMYROOM倉石氏をお迎えし、まちなかの空き家をリノベーションした事例をお話しいただきます。
また、当日はシンポジウム前に、大牟田チームがお手伝いする文化活動 大牟田日本フィル会様より、日本フィルハーモニー交響楽団プレコンサート(来年2月本公演予定)を同会場で演奏頂きます。全国からの参加者の方々に、大牟田に根付く文化も味わって頂ける一日をご準備させて頂きました。是非、コンサートよりご参加下さい。

 

《基調講演》
『「空き家がまちを変えた長野善光寺前」~5年間で90軒を蘇らせるストーリー~』
◆日時:平成28年11月12日(土)15:00〜17:45
◆会場:大牟田ふじ(旧 キャバレー冨士)
(福岡県大牟田市中島町3-2)
◆講演者:倉石 智典 氏
(株式会社 MYROOM 代表)
◆参加費:1,000円  (学生無料)
◆対象者:リノベーションファン、DIYファン、不動産業、行政の方、地主家主 等、まちづくりに興味のある方
<プロフィール>
株式会社 MYROOM 代表
1973 年長野県長野市生まれ。SFC総合政策学部卒業。 観光業、都市計画業、不動産業、建築業を経て、2010 年に現在の会社を設立。 空き家の仲介、リノベーションを専門とする。長野では「門前暮らしのすすめ」と題して、毎月「空き家見学会」を開催。県内外から参加者が訪れ、まちあるきをしながら「空き家」を案内。まちなかの空き家を「リノベーション」して、新しい利用者とマッチングし、まちに賑わいをつくっている。
<WEB>
・MYROOM   http://myroom.naganoblog.jp/
・CAMP不動産  http://camp-r.jp/

 

【タイムスケジュール】
◆プレイベント
13:30~プレコンサート受付
14:00〜日本フィルハーモニー交響楽団 プレコンサート演奏
◆シンポジウム
14:35~シンポジウム受付
15:00〜 開会のあいさつ
15:05〜チームプレゼン紹介
15:10〜福岡DIYリノベチームプレゼン
16:10〜休憩
16:20〜『空家がまちを変えた長野善光寺前』〜5年間で90軒を蘇らせるストーリー~
講演:倉石 智典氏(株式会社MYROOM代表)
17:20~質疑応答・意見交換
17:30〜鹿児島リノベWEEKEND 紹介
17:35〜17:40 FUKUOKA DIYリノベWEEK2017の紹介
17:40〜17:45 閉会のあいさつ
◆懇親会(会費4,000円)
18:15~
懇親会参加希望の方は、申し込み下さい。
総合司会: NPO法人福岡ビルストック研究会 理事長 吉原勝己
司会:大牟田ビンテージのまち(株)冨山博史
講演:倉石 智典氏
鹿児島DIYリノベWEEKEND:すべ産業 須部貴之氏
【主 催】 NPO法人福岡ビルストック研究会
TEL:092-721-5501 FAX:092-721-5690
Mail:office@npo-fbs.com
Web:http://fdrw2016.strikingly.com
FB: http://www.facebook.com/FUKUOKADIYR
【後 援】 一般社団法人福岡県中小企業家同友会 大牟田支部
14908193_1238385072902359_3395294837843101675_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。