宗像大社神宝館 沖ノ島 大国宝展

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2016.11.24

沖ノ島は宗像の神湊から49km、対馬 厳原まで75km、韓国 釜山まで145km。
大和朝廷の国家祭祀、大陸との接点の名残により、沖ノ島で発掘された8万点の全てが国宝として指定され大切に残されてました。
天武天皇の妃 尼子娘は宗像一族で、当時の海の民 宗像氏と宗像の地がいかに日本の中枢と密接だったかがわかります。
そんな目で宗像エリアを改めて見ると、福岡だけど福岡とは次元の違う日本の偉大な原点を感じれ、車で走ると古代の地形まで読み取れそうで面白い。
車のご祈願だけで宗像大社に行くのはもったいないですね♪
15230709_1271100829630783_7903644706220568103_n 15135987_1271100869630779_6092340791266727360_n 15193413_1271100896297443_4932482808256038592_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。