萩城下町ハーフマラソン

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2016.12.11

コースがそれほど楽しくない、ただ走るだけのマラソン大会が多い中「萩城下町ハーフマラソン」のコースレイアウトの良さはアミューズメントレベルで際立っています。
城下町全体が世界遺産でもあるまちなかを、江戸時代以来の高杉晋作邸などの石垣の武家屋敷路地・商家の路地・城内の堀・河川・砂浜・みかん畑など、歩かないとまちの良さがわからないコース設定が絶妙です(ラスト7km以外は)。
いずれも明治維新で活躍したたくさんの知っている人の家の前を通ることで、走ってみると、こんな小さなまちなかで日本を動かした人たちが密集して暮らしていたことがリアルに感じれますよ。
ちなみに、ヨーロッパの城壁の外に線路があるみたいに、国鉄の線路は萩の外周をぐるりと回っています。もし、まちなかに駅が出来ていたら世界遺産は無かったように思えます。
まちを計画した歴史を見ても興味が尽きないまちの配置です。
ちなみに、ゲストハウスも徐々に増えていくそうです。

お城へ向かう海岸線が最高です。

お城へ向かう海岸線が最高です。

商人の町並み。

商人の町並み。

いつも会う萩人の方。

いつも会う萩人の方。

遠縁の親戚として毎年萩に来るご縁になった高杉晋作広場。

遠縁の親戚として毎年萩に来るご縁になった高杉晋作広場。

萩の子供たちは 楽器が盛んです。

萩の子供たちは 楽器が盛んです。

いよいよ武家屋敷。

いよいよ武家屋敷。

石垣にも物語が。

石垣にも物語が。

こんな宿が良いですね。

こんな宿が良いですね。

武家屋敷内で生み出された産業がミカン。萩の魂が入ってるようです。

武家屋敷内で生み出された産業がミカン。萩の魂が入ってるようです。

お城に入る堀と海とのこの景色が好きです。

お城に入る堀と海とのこの景色が好きです。

お城が残っていればねえ。

お城が残っていればねえ。

こんなコースが萩マラソンの魅力です。

こんなコースが萩マラソンの魅力です。

侍が攻めるとこんな感じでグルグル走ったのかな。

侍が攻めるとこんな感じでグルグル走ったのかな。

ゴールの競技場。

ゴールの競技場。

逆光ゴール。

逆光ゴール。

バスの名「晋作くん」?

バスの名「晋作くん」?

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。