吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > 今日のお客様 > ジャパニーズ企業では責任の重さが若い社員を育ててきました

ジャパニーズ企業では責任の重さが若い社員を育ててきました

カテゴリー:今日のお客様
投稿日:2017.2.2

本日は、朝早くから全国50社の有名企業の経営陣の皆様が「冷泉荘」まで、大変な費用と時間を使われて経営勉強会にお越し頂きました。
私の経営者としての体験報告は当然ながら、この失敗が許されない重責の半分を若い社員3人で、ご視察対応から各人のプロジェクト報告まで自分たちの企画で、自分たちの言葉で語らせたところが、魂が入っていて みんないつの間にかとても頼もしくなってた。そして、彼らをサポート頂いている冷泉荘の皆様にはいつもご協力頂きまして有り難うございます。
かつての自分の尊敬する上司もきっとこんな気持ちで自分を見てくれていたんでしょうね。歳を経るのもいいものです♪
12140732_1379593018781563_8407324437567533748_n 16427572_1379592988781566_7876058182996843024_n 16299518_1379593045448227_2703575331632847198_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。