川端の博多絵図

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2017.2.20

ふむふむ。江戸時代の「大乗寺」が描かれた博多絵図。たぶん手前の川が「博多川」とすると中洲から描かれた絵になります。とすると、川べりで人が歩いている道が今の「上川端商店街」。なぜか「大神宮」さんではなく「太神宮」と表記されているのは何故だろう?
オモシロいのは中洲にこんな高台は無いのに、ビルの7Fくらいの視点から描かれているので解りやすい絵師の技術。
もしかして、この絵の中に今の『リノベーションミュージアム冷泉荘』が建っていると思うと、わくわくしますね♪
16681896_1400910549983143_4478932118200151851_n[1]

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。