吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 日常のこと > まちなみ > 京都の大島さん、韓国からのKimさんと 筑後弾丸ツアー

京都の大島さん、韓国からのKimさんと 筑後弾丸ツアー

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2017.3.2

京都の大島さん、韓国からの長身のキムさんとご一緒に、昨年11月開催した「福岡DIYリノベWEEK2017」の4ヶ月後の筑後各地を巡り定点観測をおこないました。
① 久留米市: コーポ江戸屋敷 : 半田兄弟と進める「筑後リノベーションミュージアム」構想、大川チームの職人技が効いた素晴らしいリノベroomを完成に持ち込んだ 88’s garage を代表して池上くんからじっくりヒアリング。
② 八女市: aocafe でランチ。ここで時間が経つのを忘れます。
③ 八女市: 旧八女郡役所の大型木造物件再生経過を中島くんより伺う。入り口には店舗の準備が行われてました。奥のスペースでは、DIYでカフェスペースを制作中とのこと。いやはやスゴい活動でご苦労は想像を越える世界です。
④ 柳川市: KATARO base で阿部先生から活動報告。ひな祭りだし、巨大さげもんも見学。そして、いよいよopen したての ル ロン ポワンで待望のケーキセット。掘り割りの中でも特別な空間と美味しさです。
⑤ 大牟田市: ブックカフェtaramuで村田ご夫妻と、そして木工工場2Fでは近藤さん宅にお邪魔して、コワーキングaoca から僕ピクへ。
中華「笑龍」新店舗をもうすぐopenされる緊張感あるお店の準備中にご挨拶して、辰巳屋ビル2Fでは大牟田 原田さんより活動プレゼン、立派です。その後、1F イタリアン nidoでの食事は楽しかったですねぇ。
たった4ヶ月でみんなこんなに進化をしているとは、スゴいことです。
何度訪れてもほのぼの楽しく驚きの「福岡DIYリノベWEEK2017」ルート弾丸ツアー筑後編。
ストーリーはわかっちゃいるけど何度訪れてもオモシロいのは、落ちを知ってるのに役者さんたちの活躍を見てしまう水戸黄門を見てる感じです 笑。
16996010_1419898491417682_3290273745520034481_n 17191134_1419898538084344_7787696985352898710_n 17103414_1419898584751006_1458850035760063170_n 17098668_1419898598084338_9064561119669769650_n 17156044_1419898641417667_3727490255959181241_n 17190526_1419898661417665_2797338204109998793_n 16939690_1419898678084330_226341268072497315_n 17190616_1419898718084326_4298383959778715892_n 17098537_1419899014750963_8087577385882686427_n 17156095_1419899048084293_8610965171826375645_n 17098725_1419899108084287_4580093960121767628_n 17190744_1419899138084284_9024893615603916786_n 17190963_1419899188084279_2718846423672872912_n 17155740_1419899231417608_5990778627191628219_n 16995970_1419898738084324_6829266845862461258_n 17098300_1419898791417652_4417688658632078858_n 17190393_1419898808084317_8219040841919597151_n 17202865_1419898821417649_6052493269547588523_n 17190883_1419898878084310_5050348201202103124_n 17201269_1419898894750975_3435686092270281442_n 17191198_1419898944750970_8793943215392275353_n 17103308_1419898988084299_3038512775152802539_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。