吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > スペースRデザイン事業 > 『長尾~樋井川まち歩き』 J:COM「ふくおかまいCOM」

『長尾~樋井川まち歩き』 J:COM「ふくおかまいCOM」

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2017.4.15

今春も ″福岡市内のまち歩き番組″ のナビゲートをさせて頂きました。

今回初めての城南区は長尾~樋井川です。このエリアは高度地図から見て、油山から続く南北の稜線に位置しており、このライン沿いには遺跡や神社があるところから何か面白いこと見つかりそう!
今回この稜線沿いに狙いを絞って、北から南へお邪魔させて頂きました。

地元の方々のお話もたくさん聞けて、意外と知らない福岡を今回も発見!市民レベルのまち歩き番組楽しいですよ♪
放映:2017年4月16日(日)~30日(日)
[8:00~、15:00~、21:00~]
15日間×3回=45回くらいお茶の間にお邪魔します 笑。

・スタート下長尾八幡宮では御衣黄桜を守られる市民グループの皆さんからお話を伺う
・曲渕から福岡市内に水を繋いできた「水道道路」は今でも一直線道路
・この辺は土は博多人形に使われていたようで、粘土のような赤い土です。
・UR宝台団地内には、甕棺も出る遺跡でもあります。大昔から人が住めた貴重な土地なんですね。
・ゴール「御子神社」は安徳天皇が白馬に乗ってこの地区を通られた際、誤ってしめ縄にひっかかり井戸に落ちられたそう。
そのため上長尾地区では、白馬は飼わない、正月にしめ縄は飾らないそうです。
・こんな背景からも、歴史と郷土愛溢れる人たちが住まれていることが理解できた、稀有な歴史を背景にした魅力ある土地でした。

J:COM「ふくおかまいCOM」
http://c.myjcom.jp/jch/p/mycom

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。