ビンテージマンション「玉川ビル」

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2017.4.20

オーナー会で企画のビンテージ賃貸見学会。不動産経営専門誌に取材された福岡市南区のビンテージマンション「玉川ビル」さんでの今回リノベーションプランは『STUDIO + OFFICE』。

before写真の元住居から、浴室は思いきって撤去。中心部の柱は一見じゃまのように見えるけど、空間に安定感をもたらす作用があるようで、部屋の歴史とも言える「カベ」の文字から揺るがない意思を感じます。

2室とも工事期間中に入居申込を頂けたのも、都心にありながらオーナーさんの優しい気持ちに包まれた、ビンテージな安らぎを内見だけでも感じることができるからだと思いました。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。