吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > スペースRデザイン事業 > 福岡県久留米市の民間賃貸団地「コーポ江戸屋敷」 ビンテージ団地化計画

福岡県久留米市の民間賃貸団地「コーポ江戸屋敷」 ビンテージ団地化計画

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2017.4.15

私たちの『団地再生を考える』が新聞記事になりました。 掲載:「Wendy-Net ~団地再生シリーズ」

より良い暮らしの研究テーマ『福岡県久留米市の民間賃貸団地「コーポ江戸屋敷」ビンテージ団地化計画』

福岡県久留米市での ″経年団地から始まる住まいとまちの可能性″ について、″リノベーションデザイン″・″コミュニティデザイン″ 双方向から、スペースRデザインと吉原が考える、経年団地が未来の地方都市に果たせる役割について学術部・梶原あきさんより投稿させて頂きました。

①「コーポ江戸屋敷」における団地再生の取り組み
② ″リノベーションデザイン″「筑後リノベーションミュージアム計画」
③ ″コミュニティデザイン″「住民DIYによるコミュニティベネフィット計画」
④ビンテージ団地による地方再生

Wendy-Net
https://www.wendy-net.com/nw/colum

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。