九州大学大学院UDS

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2017.6.2

今年度は九州大学建築系大学院生さんたちの特別セミナーをお手伝いをさせて頂いており、昨日はその中間発表会に解体過程にある箱崎キャンパスの建築学部へ。
九大では母校の理学部キャンパスも消滅し、広大な敷地が元の畑だった頃の広々した眺めに近づいているようです。
セミナーでは、遊郭街から始まる福岡市中央区清川を、町から学びとろうとする学生さんたちからの調査報告。これまで私たちは清川のことを見てきたにも関わらず、発想やアプローチの斬新さは学ぶべきことが多数。先生方のコメントも強力で一番学べたのは自分自身で、何てラッキーな機会を頂いたんだろう。
まちじゅうたくさんの化学反応の分子があって、人が触媒となって化学反応が起きる過程を僕たちは今体験していて、それは結果がわかっていないからこそ興味が尽きないんだなあと思う。
校舎は無くなったけど、ここに立つことで理学部生として原点回帰出来たような気がします。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。