「タガヤセ大藏」訪問

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2017.6.29

「キッカ経堂」以来 安藤さんに会いに「タガヤセ大藏」世田谷区大藏へ。農家の生まれ育った土地で、高齢者介護・子育て・農業からまちの変化を生みだされています。
ここではいわゆるハードとしてのリノベーションでなく、各方面の思いを持った人たちの重層的な動きがかなり広域にまちを変化させている。その様子を目の当たりにして感動してしまいました。
そこには「消費社会」や「生きにくさ」にまで光が当てられている。「チェンジでなくスライド」「生態系のようなつながり」という僕らも感じる時間軸が四次元的に盛り込まれ、かつ一人から始まる行動でした。
ずいぶん前に、みんなで視察させて頂いた名古屋の「ゴジカラ村」をきちんと分析されていてあの時から安藤さんの中で革命が始まってたんだなあと感慨深いです。
「社会改良家」「共生革命家」「パーマカルチャー」という言葉を安藤さんから習いました。その生き方はソフトから始まるまちづくりのように思え、衰退する町に必須の思想と行動だと思います。
安藤さん貴重なお時間を有り難うございました♪

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。