吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 福岡ビルストック研究会より『 巻上公一ボイス・パフォーマンス講座 ボイス・パラダイス 』のご案内

福岡ビルストック研究会より『 巻上公一ボイス・パフォーマンス講座 ボイス・パラダイス 』のご案内

カテゴリー:
投稿日:2011.1.18

NPO法人福岡ビルストック研究会より        H23・1・18

H23年1月催し
 『 巻上公一ボイス・パフォーマンス講座 ボイス・パラダイス 』
                          のご案内
            
                    理事長  吉原 勝己

(このメールはビルストック研究会および吉原住宅 吉原にご縁のある
 皆様にまちづくりやビルストック活用に関連する情報を送らせて頂い
 ております。アドレス変更やご案内不要の場合はご連絡頂けますと
 幸いです。)  

先週は福岡アジア都市研究所で主任研究員の山下永子さんより「選ばれるため
の都市戦略」と題された、メルボルンの調査報告を伺いました。
このまちはたった3年間で来訪者もわかる大きな変化が実現されているようで、

・留学生や観光客にやさしいまち
・住んで働きやすい町
・ナレッジキャピタルとしてのブランディング
・グリーンなまちづくり・クリーンな仕事づくり

といたコンセプトを確実に実現させたことが、まちの魅力を大幅に向上させ
ているとのことでした。多分その背景にはやれないことは捨てて、やれること
だけを実行するマネジメント法が存在しているのでしょうが、まちをより良く
変化させる過程には興味深い世界がありそうです。

ところで、耐震補強工事直前の「リノベーションミュージアム冷泉荘」では、
工事前としては最後の合同イベントをおこないます。
http://www.reizensou.com/

「ヒカシュー」の巻上公一さんが、福岡&佐賀のヒカシューLIVEのついでに
冷泉荘でボイス・ワークショップを開催!
面白い声、深みのある声、いいかげんな声、最高の声、はみだした声を思いっ
きり出してみませんか?

参考)ヒカシュー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC
------------------------------

『 巻上公一のボイス・パフォーマンス講座 ボイス・パラダイス 』

日時:H28年1月28日(金)  open 18:30 start 19:00

場所:A13号室 多目的スペース

出演:巻上公一(ボーカリスト)

参加費:1,500円

定員:30名(定員になり次第、予約しめきり)

予約申込み:TEL 090-9728-1441(杉山) メール sugiyama@tenjinpark.com

主催:冷泉荘巻上公一プロジェクト+九州大学藤枝研究室

後援:NPO法人 福岡ビルストック研究会

…………………………………………………………………………………………
リノベーションミュージアム冷泉荘 管理事務所
 〒812-0026 福岡市博多区上川端9-35 A12号
  tel & fax : 092-985-4562
  冷泉荘HP : http://www.reizensou.com/
管理人 杉山紘一郎
——————————————————————–
NPO法人 福岡ビルストック研究会 理事長

〒810-0041 福岡市中央区大名2-8-18  天神パークビル3F
        吉原 勝己

TEL.092-721-5501 FAX.092-721-5690
メール office@npo-fbs.com    http://www.tenjinpark.com
——————————————————————–

***ヒカシューLIVEのお知らせ***

1/29(土) 佐賀 Frontier(佐賀市愛敬町4-8 紅屋館3F)
共演:La Iluminacion(ラ・イルミナシオン)
18:30開場 19:00開演
前売 2,800円 当日3,300円 (要1ドリンクオーダー)

1/30(日) 福岡 Space Terra(福岡市中央区警固2-19-9 百田ビルB1)
17:00開場 18時開演
前売 3,000円 当日3,500円 (要1ドリンクオーダー)

チケットぴあ(佐賀・福岡とも) Pコード:126-354(入場整理番号付)
お問い合わせ:有限会社アダチ宣伝社 092-553-5756

voice_paradice_formail.jpg

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。