吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > セミナー・勉強会 > ソーシャルビジネス委員会 > ソーシャルビジネス委員会7月例会 【満員御礼】街がにぎわう小さな『しかけ』~商店街の今とこれからを考える~@大牟田

ソーシャルビジネス委員会7月例会 【満員御礼】街がにぎわう小さな『しかけ』~商店街の今とこれからを考える~@大牟田

カテゴリー:ソーシャルビジネス委員会
投稿日:2017.7.19

鹿児島から須部産業 リノベ部長 須部貴之先生とおかみさんをお迎えし、市民DIYで創られた 大牟田のホットなまちの拠点「タツミヤビル」で企画したお話し会は、その内容にとても驚きました。
鹿児島市内「 のきさき市@鹿児島騎射場」運営手法のご報告は、国内でも最先端の ″まちづくり教育プログラム″ であり、それはかかわる60名学生への教育スキームになっていた。特筆すべきは、空き物件は不要。軒先があればまちは活性化され、関わる学生にはこれから生きていくための学びが構築されていて、その精度はたぶん大学レベル。
これを聞かれた参加者の大牟田・糸島・大宰府・熊本・福岡の皆さんの反応が楽しみです。幕末みたいに鹿児島から大きな流れが起こるのは確実ですね。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。