10年後のまち

カテゴリー:ソーシャルビジネス委員会
投稿日:2017.9.22

今日は発展する福岡の視察とのことで「京都経済同友会」の皆様にお越し頂き「10年後のまちあり方」について福岡の仲間たち(小津SB委員会前委員長)と一緒に学ばせて頂きました。
なぜか京都の方々と話をするといつも素朴な疑問が生まれる訳で。「まちは本当に発展しなければいけないのか?」。発展の意味が議論されて無いまちの発展の思い込みが、いかに危険なことかを感じた一日になりました。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。