フラットハウスライフ

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2017.9.16

志賀島の福岡市西戸崎へ「フラットハウスライフ」の アラタ・クールハンドさんに会いに、天神から船でURの皆さんに同行させて頂き行ってみる。
小学生の頃自転車で来てたこの辺りはまだ米軍基地(現在「海の中道海浜公園」)。フェンスの向こうは広大な敷地全体がキレイな芝生で覆われ、ベースボールフィールドや不思議な住宅があり、「宇宙家族ロビンソン」で見た本物の金髪外人さんが歩いて 博多少年には驚きの別世界でした。
当時はベース外にも外人住宅があったらしく、今みると地元の大工さんが和洋折衷で作ったオモシロい戸建てがあるよう。そんな家が廃虚化して行くなかで、これまた見たことのないステキな平屋の再生がクールハンドさんの手で複数行われています。
そこで聞いた、未来のクリエイティブ都会人が息苦しい生活から脱皮すべき生き方と、戸建てストック再生の暮らしをステキにプログラム化した クールハンドさんの思想がとても好きになりました。
これまで 戸建住宅再生もやってみてますが 老朽化の工事費用を考えると難易度 高いなあと思うなかで、イノベーティブなヒントがお話ししていてとても楽しいアラタさんの中にあるようで、お忙しいなか有り難うございました。
このあと訪れたブックスキューブリックに集めてあった本。台風の中読むの楽しみ。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。