吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 福岡ビルストック研究会より『 ドネルモより [ ART OPEN CAFE ] AOC2010 』のご案内

福岡ビルストック研究会より『 ドネルモより [ ART OPEN CAFE ] AOC2010 』のご案内

カテゴリー:
投稿日:2010.9.16

NPO法人福岡ビルストック研究会より          H22・9・16

H22年9月催し

『 ドネルモより [ ART OPEN CAFE ] AOC2010 』
   ( 福岡の都市文化の「未来」を考えるトークイベント )
                            のご案内
            
                    理事長  吉原 勝己

(このメールはビルストック研究会および吉原住宅 吉原にご縁のある
 皆様にまちづくりやビルストック活用に関連する情報を送らせて頂い
 ております。アドレス変更やご案内不要の場合はご連絡頂けますと
 幸いです。)  

このたび、リノベーション ミュージアム 冷泉荘B棟55号室を拠点
に活動する文化活動団体「ドネルモ」http://donnerlemot.com/より
まちづくりトークイベントがイムズにておこなわれます。

新たなまちづくりの学びの場として、これまでの動きと違って魅力的に
見えるのは若い才能集団のためか、形式にとらわれない自由な活動の
ためか…。

福岡市文化芸術振興財団の後援も得られ、4回シリーズのAOC
2010に期待しております。

今回のご案内情報にご参加の場合は、お手数ですが主催者まで直接
お申し込みください。

以下、ご案内です。
——————————————————————–

福岡の都市文化の「未来」を考えるトークイベント

私たちドネルモでは、2010年9月から12月の毎月1回、4回シリーズで「アート
オープンカフェ2010~フクオカ未来形・きらめく都市・ざわめく都
市」を、天神イムズにて開催いたします。

10年代、文化的にきらめく都市であるためには、個々の文化活動が経済的に成り
立ち、自発的にざわめいていく仕組みが大事だとドネルモは考えます。その
ためのスキームと環境を、ゲストと一緒に考え、かたちにしていきましょう!

http://donnerlemot.com/2010/08/29000759.html

【ドネルモについて】
ドネルモは<福岡でもできること>をコンセプトに、ウェブサイトと様々なプロ
ジェクトを連動させながら、サブカルチャーやアート、まちづくりなど多岐に
わたる文化活動を企画・運営する団体です。現在、学生から社会人まで20名ほど
のスタッフで活動しています。

http://donnerlemot.com/

これまで、ドキュメンタリー映画『RiP:Remix宣言』翻訳・上映プロジェクト
(協賛:KBCシネマ)、美術作家・中居真理ワークショップ(共催:
春日市ふれあい文化センター)、都市の文化と経済を考えるセミナー(共催:福
岡大学商学部、IRBC国際知識経済都市会議実行委員会)、アニメやマンガ
をテーマにしたトークイベントなどを行ってきました。

【AOC2010について】
今回ご紹介するアート・オープン・カフェ(AOC)2010は、ゲストのお話を伺い
ながら、お茶を片手に、参加されたみなさんと、福岡の都市のあり方を
考えていくトークイベントです。(財)福岡市文化芸術振興財団の助成、福岡市
からの後援を受けての開催となります。

本イベントに関しまして、お伝えしたいポイントが2つあります。

●【双方向の「トーク」イベントです!】
ゲストのお話を一方的に聞く講演スタイルではなく、毎回のテーマについて、ゲ
ストのご意見を伺い、そこからファシリテータ、そして会場を巻き込んだ
「トーク」につながっていくイベントです。
●【「フクオカ未来形」を考えます!】
全4回のシリーズを通して、「きらめき」と「ざわめき」という2つの観点から
福岡の文化シーンを捉え、私たちの「フクオカ未来形」を模索していきま
す。

第1回は、9月25日(土)19:00~21:00、
ゲストは「大名なう」ディレクターの山本義夫さんです。

昨今大きな注目を集めるTwitterの特性を活かすことで、大名周辺地域を盛り上
げるプロジェクト「大名なう」(⇒http://
daimyonow.jp/)。ディレクターの山本さんは、Twitterなど新しいメディアを通
じて、〈人々のつながり方〉が変わってきているといい
ます。

これからの〈まちづくり〉を考える上で、メディア環境がもたらすコミュニケー
ション構造の変化は無視できません。当日は山本さんに「大名なう」での活動
などお話いただいた上で、新しいメディア環境に根ざした自発的な〈まちづく
り=人々のつながり方〉を、考えていきます。

このように、メールをお読みの方に、ぜひ一緒に考えていただきたいテーマを含
んでいます。当日はぜひ、会場よりご意見をお聞かせください。

お誘い合わせの上、お気軽にお越しくださいませ。

また第2回以降も、魅力的なゲストをお招きしております!

第2回:10/16(土) 吉浦康裕さん(アニメーション監督)
第3回:11/13(土) 児玉覚生さん(カフェディレクター)
第4回:12/04(土) JUNYA TASHIROさん(ファッションデザイナー)

よろしくお願いいたします。

ドネルモ
山内 泰

—————————————————————

■AOC2010 第1回 「大名なう」ディレクター・山本義夫

□ 日時:9月25日(土)19:00-21:00
□ 会場:イムズ10F セミナールームA
 (アクセスはこちら⇒ http://www.ims.co.jp/information/access.php)

□ 料金:一般 1500円/学生 1000円(ワンドリンク付)
□ お申し込み:下記メールアドレスまで、
   件名「AOC2010 第□回(希望回) 参加申し込み」にて、
   お名前・ご連絡先(学生の方は学校名)・ご希望の回(複数可)
   を明記の 上、お申し込みください。

□ mail: aoc2…@donnerlemot.com

<お問い合わせ>
■福岡発文化系サイト ドネルモ
■担当:古賀琢磨
■tel:090-9498-8683

主催: ドネルモ
後援:(財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市
助成:(財)福岡市文化芸術振興財団

——————————————————————–
NPO法人 福岡ビルストック研究会 理事長

〒810-0041 福岡市中央区大名2-8-18  天神パークビル3F
        吉原 勝己

TEL.092-721-5501 FAX.092-721-5690
メール office@npo-fbs.com    http://www.tenjinpark.com
——————————————————————–

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。