吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > セミナー・勉強会 > セミナー、勉強会 > スキマのまち「清川」の調査研究 九州大学大学院「アーバンデザインセミナー」開催:9月10日(日)

スキマのまち「清川」の調査研究 九州大学大学院「アーバンデザインセミナー」開催:9月10日(日)

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2017.9.7

まちを紐解く研究発表会のご案内。九州大学大学院都市共生デザインのみなさんで、福岡市中央区「清川」の町をテーマに4ヵ月の調査研究をおこなってきた「アーバンデザインセミナー」。「春吉公民館」で、市民参加型のセミナーとなりました。
天神ビックバン等 今どき都心の再開発が当然になってしまった福岡で、「まちの本質的魅力の抽出方法」を、日本の将来を担う大学院生の皆さんから学びましょう。お申込み不用です。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。