東洋のマチュピチュ

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2017.9.1

先日の愛媛出張で「東洋のマチュピチュ」と言われる別子銅山跡に行ってみました。元禄3年から昭和48年まで283年間 住友により採掘された地です。
この標高750mの東平(とうなる)地区に本部があったそうで、5000人が住んだ産業遺産です。そのため当時は汽車が走っていて、インクラインなどそんな生活の名残が残ってます。マチュピチュに行ったこと無いので、東洋のと言われてもピンと来ませんが、煉瓦造の廃墟が素晴らしかったので、また報告したいと思います。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。