HTB ガーデニングショー

カテゴリー:オーナー井戸端ミーティング
投稿日:2017.10.9

久留米の団地「コーポ江戸屋敷」再生体験から皆で学んでいる『コミュニティデザイン カレッジ』。その同期 久留米のガーデン職人 亀崎正吾さんが『ハウステンボス ガーデニングショー』に選考され、同期仲間たちで応援に。しかも本日「金賞 & 最優秀施工賞」受賞!
合わせて同期の星野村スター大工さん 今村俊佑君たちの作品は大人気キッズ プレイ グラウンド。そして、立ち並ぶハンドメイドの小屋ショップストリートもかい。
毎年来てますが、仲間が関わるハウステンボスは自分事のように楽しい。そして、こんな実力者たちと一緒にチャレンジ出来る巡り合わせは、幸運としか言いようがありません。
このように若い才能と努力と夢が次々に開花する九州であって欲しいものです。

宮殿内の フラワーショーを印象順に。中国は赤系、熱い国は原色、ヨーロッパはポエム的、日本はしっくり。各国のお国がらが作品に出ていてモダンアートのよう。ランチは珍しい「うちわえび」。

有田焼で飾りつけられたシャルロッテンブルグ宮殿「磁器の間」(ベルリン)の再現「ポルセレイン ミュージアム」。3,000もの磁器を使った東洋と西洋の融合。オープン当時から何でこの部屋に何度も来てるんだろう?と考えてみたら、寺社へのお参りのよう。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。