活躍する仲間たち

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2017.10.12

人や物事は常に多面体で各々の面によって見え方が異なるよう。特に進化過程にある人や事象はすぐに次のフェイズに入るので、そんなものだと思いこんでいる自分が置いてきぼりになっていることがある。
他者評価の一つ「メディア」の役割は、常に会っていても解らなかった、各人の夢や責任や周りからの期待の重圧などが 垣間見えてよりその人を知ることが出来るようです。
ーーー
福岡県の広報誌の特集におきまして大牟田で登場は「 大牟田ビンテージのまち株式会社 」 冨山 博史 代表。
グラフふくおか 2015 冬
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/…/graph-f/20…/visit/index.html
久留米からは「久留米移住計画」 半田 啓祐 代表。
グラフふくおか 2017 秋
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/…/2017a…/mytown/mytown_01.html
福岡市城南区樋井川からは「株式会社樋井川村」吉浦 隆紀村長。福岡市市政だより より
みんな地元の大切な期待の星だったのね。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。