吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > スペースRデザイン事業 > “かりぐらしマガジン” 『吉原 勝己の理系思考の不動産業』

“かりぐらしマガジン” 『吉原 勝己の理系思考の不動産業』

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2017.10.20

うわっつ、UR都市機構さん OURS.Karigurashi Magazine インタビュー記事が「シェア 45」「いいね 708」なっとる。
UR書籍「#カリグラシ」もそう。「理系」×「不動産」、単語の組み合わせに読みたくさせるセンスを感じます。「賃貸暮らし」を仕事にする僕らにとって、秀逸で温かい記事に触れることができる参考書だけど、こんなセンスを磨くのは一生無理かんしれん。
http://ours-magazine.jp/borrowers/yoshihara-01-01/
団地から再発見。「借り暮らし」をテーマにしたカルチャーWEBマガジン。スケッチ・写真・インタビュー満載。2015年2月創刊 powered by UR都市機構

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。