国交省施策の10社に選考

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2017.10.27

国土交通省『小規模不動産特定共同事業を活用した遊休不動産等の再生事業』の法改正で、不動産出資の幅が広がります。
そこで暖めていた「まちづくり不動産少額出資者を集めて経年賃貸不動産を利用した九州地方都市活性化のビジネスモデルづくり」にチャレンジします。
まずは無知分野の中、専門家派遣の公募で10社に選んで頂きました。
考えているのは ごく小さな動かし方。だけどやる気があれば誰もが出来るもので、クラウドファンディングではカバーしづらい領域。九州地方都市が、暖かいお金で町の未来がちょっとだけでも想像出来るモデルケースを生み出せるといいなあと思います。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。