吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > サイクルスポーツツーリズム > エタップ ド ツール 2018 コース発表。来年はフランス アルプスを走れる

エタップ ド ツール 2018 コース発表。来年はフランス アルプスを走れる

カテゴリー:サイクルスポーツツーリズム
投稿日:2017.10.31

(web の訳は難しいですね )ツール ド フランス2018の第10ステージを走れるレースが来年の L’Étape du Tour。27ヶ国、1万5000人出場のヨーロッパを代表するサイクルイベントです。
1993年以来、プロ選手と同じルート・条件で、Tour de France の伝説を体験できる。地元警察・行政との協力体制で、完全に交通閉鎖されたコースは、フランスの美しさの中のアドベンチャーレース。アルプスからピレネー山脈の巨峰ツールマレーまで、毎年息を呑むような景観が楽しめます。
2018年のコースはアヌシー湖から、山岳を越えてル・グランド・ボルナンドのリゾート地への壮大なパノラマの昇り7kmは平均11%の勾配。急斜面 + 1.5 kmの未舗装路を走ると、第2次世界大戦時レジスタンスが潜伏した高原に到達。その後、Col de Romme → 標高1,613m Col de laColombière まで続くハードコース。最後はル・グラン・ボルナンドへの下り坂のご褒美。
〈スタート地点アネシー:アルプスの宝石〉
アネシーは古より湖水と運河・旧市街、それをアラベス山脈・アルプス山脈が囲む、オーヴェルニュ・ローヌ・アルプス地域の中心で、スイスとイタリアの玄関です。この優れたロケーションは、町の経済を豊かにし、動画や屋外産業などのハイテクが盛んで、素晴らしい建築物や数多くの施設に、優れた文化遺産や伝統行事が残されています。
〈ゴール地点:LE GRAND-bornand〉
アヌシー湖の山沿い Le Grand Bornandの美しさは壮大で、フランスアルプスで最も美しいリゾートです。教会の周りに美しい400のシャレーが集まる古い村で、トウモロコシ畑や牧草地が斜面に広がっています。アヌシーとジュネーブは近く、山岳地帯にもかかわらず活気ある町です。
Aravis山 Route des Grandes Alpes にある、Col de laColombière のヘアピンカーブが楽しみ。
〈エタップ ド ツール コース〉
http://www.letapedutour.com/en

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。