筑後ほとめきカレッジ

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2017.11.12

「空き家・空きビルは 未来のまちのための学校です」。その思いから10年ほど続けてきたストック活用を学び合う「プライベート カレッジ」。今回の舞台は、久留米の団地を教室に 半田兄弟が初めて校長となる『筑後ほとめきカレッジ』。
講師陣がこのために準備されたカリキュラムにはスキが無く、洗練された 2時間 × 2時間 = 4時間 は クリエイティブ思考の誘導 → 実体化手法で、感動でした。
このプログラムを強化すると、より短い期間で、チームビルディングから行動の具体化が起こせ、より少ない人数がより少ない労力でセンス良い成果を生み出すことが出来そうです。
人が多い都会では、今まで通り効率悪い仕事を抱える意味もありますが、人が少なくなる地方は効率的変革手法を必死に学ぶ必要がありそう。そんな若い人達が自分の町からたくさん集まってくれるといいなあ。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。