広島訪問

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2017.11.17

鹿もカフェに立ち寄る島を散策。奥深い歴史と宗教の島のマイブームは、今でも成長し続けている崖道沿い路地裏の生活の景色です。
ただ、大鳥居が見える参道沿いでスタバの出店工事がされて大丈夫?
夕食の回りは地元客のカープ愛ネタがいつまでも終わることなく微笑ましく、広島も偉大なる地方都市でした。

「もみじ饅頭ラムネ」。
お店の人に味を聞いたら余計買えなくなったなり。

自然と鳥居と人々が生み出す“世界遺産”的景色。
出ていた頃の「宮島トライアスロン」では、神主さんに海中でご祈願して頂き、大鳥居を泳いでスタート。ゴールは中国山地の女鹿平スキー場ですから、永遠に昇り続けるダイナミックなコースでありました。

瀬戸内の島が好きです。橋が繋がっていないこの島は期待どおりのお宝ザクザクでした。

なかなか予約が取れない理由が解る、四国を望む露天風呂温泉と昼定食

突然 ハウルの城?

海岸道路が見える露天風呂

瀬戸内の橋はどれも美しい

引き潮に牡蠣棚

木造4階建が自然にある漁村

木造船の墓場

大長みかん 美味しい

瀬戸内の夕日はいつもオレンジ色

補強?

3階建の迫力

大崎上島町

2階から傷むのでしょうか?

大崎上島町

時代の説得力

大崎上島町


折鶴の横に、ショッカーのような看板がある

ほぼセルフのフェリー

綺麗なカタチ

通常メニューの 鮑定食

ハートアイランド「小芝島」
「大柴島」より。

翌日は、呉港に入りました。

際立った古さと新しさが混沌とする尾道の、観光しないまち歩き。何度来ても驚くことがあるのが尾道の魅力かなぁ。
まずは、ガウディハウス らへん → 尾道駅の線路沿いを辿ってみる。
下関もそうでしたが、栄えた港町にありげな駅そばにも関わらず高低差ある路地の特性が廃屋を増やしている問題。実際、高齢の方々を見ても生活が大変そう。そこに、活用の流れを作られている尾道の方々の動きは注目です。

しまなみ大会の常宿がこの先で、良く通った道沿いでした。

解りにくさがカッコいいカフェ。

不思議な石の門のお寺

こうして廃屋エリアとなってしまう

城に向かう路地階段。
これは大変。

線路から見たステキな階段路地

看板建築の比重高し。

小学校とお墓の路地を登ってみる

線路を潜る古い鋪道。線路を渡れば海づたいの商店街へ。

以前から変な景色と思ったのは小学校だった

「セールスお断り」って貼らなくても 入れないかも。

国道から見た景色に比べて暮らしの大変さが解りました。

崖っぷちの小学校。何と下には路が

振り返ると こんな感じ。

線路ギワの神社。

何とバイクも通れるように国道から通路がある。

その対面。町の人は特に気にしていない様子。

中に入れて危ない。

廃屋が並ぶエリア

ずっと気になっていたこのお店。
今日も元気でした。

歩道橋から山側への小学校へと登ってみる

線路と共存する路地階段

こうして団地は閉ざされるんだ

おお、これが二階建て井戸!

こんな仕組み。これで下の人も上の人も井戸をシェア。

お寺からもお城

こんな感じ

商店街に食い込む歩道橋

吉源商店

質素な裏口

尾道の観光しないまち巡り。先程のJR線路から山側は住居地区でしたが、次は線路と海の間の東西に長い商店街・市役所を中心にした商業・行政エリア。
建築物はいよいよ個性的で、カフェが多すぎに感じるほど 今どきなお店も多く賑わいを感じます。
ただ、最後らへんの写真は衝撃的で(たぶん火事が原因?)、まちの一画が閉鎖されてます。栄えた港町の密集地で起こった問題は、一軒に留まらず まちが閉鎖される可能性が起こることを知っておかないと。

商店街の中の銭湯。

船がある町並み。

重要そうな建物が建つブロック。

ブリキ壁。

前に建つ市役所の分院でした。

蔵の再生。

駐車場が設置できたキノコ型の医院。

海からいきなりの高度差の開発が、尾道の発展であり弱点に。

一軒家の上に一軒家?

何かが起こる予兆の商店街の裏側。

シャッター閉まってない!

本屋さん、文房具屋さん、銭湯が並ぶ。

飲食街の集積スゴい。流石 港町。
お寿司 に うどん食べるんだ。

井戸 とおやしろ と ゴミ回収が同じ場所?

右奥が商工会議所

出た 木3造!

4畳半の2階建が繋がる 親亀と小亀の関係?

人気の商店街のパン屋さん。

3連屋根。

豪華 看板建築。

窓を抜く再生。

ウナギじゃないんだ。有名ですね。

尾道では、ONOMICHI U2 や レスポワール・ドゥ・カフェなどの倉庫リノベ系が高いレベルですが、老舗の料亭も港町の風情満載です。

突き当たりの灯りはロビー。子供の頃 住んでた旅館に戻った感じ。

和洋折衷のロビー

見れば美味しいことわかる。

昔から外国人来てたんだ。

鯨に似せた和菓子にお茶を頂く。

U2 看板も錆びていい感じに。

トイレなんですが。

団体ライド用の自転車専用トレーラーですかね?

GIANTレンタルいいかも。

朝食は瀬戸を見ながら。

茶室ありました。

前回、自転車整備してもらった。

懐石の魚の種類が豊富!

奥が深い倉庫です。

頼もしい機動力の TYREL。

包丁大変そうな オコゼの生き造。

デザート豊富で3種選べるコースも。

広島カープ号!

ヒラメ料理も手間がかかってました。

ボクらはエヴァに乗る。

鯛+茶そば。

U2 の隣の倉庫がアートスペースに。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。