吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > 自社物件 > 冷泉荘 > 日本ファシリティマネジメント大賞〈特別賞〉受賞

日本ファシリティマネジメント大賞〈特別賞〉受賞

カテゴリー:冷泉荘
投稿日:2017.12.21

「第12回日本ファシリティマネジメント大賞〈特別賞〉」で私どもの事業を評価頂きました。有名企業さんや大きな組織が受賞された中で、小企業の自走事業としては健闘したのではないかと思います。これを励みに相変わらず地味なんですが、頑張って続けて参ります。


(協会ホームページより)
特別賞:株式会社スペースRデザイン/吉原住宅有限会社
『築100 年を目指すビンテージビル「冷泉荘」におけるFM の取組み』
1957年竣工の賃貸アパートであった冷泉荘のリノベーションと活用に関する応募である。改修後は、賃貸オフィスだけでなく、貸スペースを設けてアートイベントなどに活用している。原状回復なしとする契約により、アート系、自由度を好む利用者の入居を後押ししている。また、管理人が常駐し、入居者同士をネットワークし、施設活用のイベント企画などを担当し、愛情をもって活用を促している点が特色である。再生・活用のFM事例としては、なるべく手をかけず、当初の感じを維持したいという意図のようであるが、旧賃貸アパート時代の悪いイメージを取り払い、明るく、親しみやすいものへの変革は成功している。また、建て替えではなく、築60年におよぶ建物を活用する施策を選択して、アートやリノベーションの情報発信を行っていること、近隣のイメージ変革、まちづくりにも貢献していることを評価したい。


冷泉荘の入居者の皆さま、博多のまちのみなさま、応援頂いてきた皆さま、そして運営に頑張るスペースRデザイン/吉原住宅の仲間たちに感謝申し上げます。来年2月、東京で授賞式&受賞講演があるとのことで早速準備に入らせて頂きます。

〈受賞一覧〉
http://www.jfma.or.jp/award/index.html

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。