UR「梅ノ木団地」視察

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2017.12.21

URさんの「梅ノ木団地」は、これから日本が大変な時代に入る前、未来の生活を予測するための大事な試みの場でありました。
坂田 夏水さんが九州女子大学の学生さんたちを指導して創られたお部屋は、新旧のテイスト・和と洋・静と動・DIYと職人技 みたいな対比が微妙なバランスで調えられていて。
今後の町の問題になりそうな、既存と新たなコミュニティ・シニア世代と若い世代・日本人と外国人・つながりを求めない人と求める人 のような団地→町に起こる対比を調和へと導く期待が持てるお部屋のように思えました。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。