プロデュース&ブランディング スタイル

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2017.12.26

プロデュース&ブランディング スタイルで立ち上げた、当社の不動産仲介部門も10年目になりますが、年末も例年どおり 案内・お申込みを頂いています。逆に春の繁忙期が特に多いわけではなく、自社仲介を基本に一年中安定した賃貸・オフィス仲介業務になりました。
その理由と思われるのは、不動産オーナーさんとのご相談の上、当社独自の理念・企画を組み込むブランディング作業から始めます(注:リノベーションではありません)。
そのうえで、ただいま10年目の当社ブランディング物件しか扱わない自前のホームページにリリースします。募集している物件数はとても少ないですが、これまでのプロデュース事例をカタログ的に閲覧できることもあり、そこで見られるものは特徴的で信頼できる物件となります。そのため、新たなリリース情報を期待している潜在的お客さまに閲覧頂いていることで、信頼感の高い継続的なマッチングを起こせているようです。
仕事はどれも大変で申し訳ないですが、不動産仲介業ってクリエイティブでオモシロい!ということになりそうです。

〈山王マンション〉seamless
https://www.space-r.net/rent/sannou/402
〈ウイングコート天神南〉 都心リバーサイドルーム。春吉のレトロビルからこんにちは。
https://www.space-r.net/rent/wctenjinminami/203

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。