吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > スペースRデザイン事業 > 久留米市の団地『コーポ江戸屋敷』経営管理業務スタート

久留米市の団地『コーポ江戸屋敷』経営管理業務スタート

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2018.2.2

今日はここではあまり話したことない、創業10年目で事業再構築を行っている当社の少しチャレンジングな事業紹介と人材募集を。

老朽化したビル・アパート・戸建て・駐車場を独自の “ビンテージ プロデュース & ブランディング手法で不動産経営のバリューアップ” を図る、ワンストップ型不動産経営再生コンサル事業の『株式会社スペースRデザイン』。

この度 グループ会社が保有する福岡県久留米市の団地『コーポ江戸屋敷』3棟48室の不動産再生経営管理業務を2018年2月より行うことになりました。少人数体制で遠隔地の濃い仕事が出来るのか?様々なアイデアを駆使して実証出来ればと思います。

これにより、オフィスビル・賃貸マンション アパート・店舗フロア・立体駐車場・シェアオフィス・シェアハウス・レンタルスペース運営など、10棟200室近くの不動産再生経営管理業務を受託することになりました。

いずれも、“ストック活用による 次世代に向けた ふるさとのまちの活性化” を企業理念に、“クリエイティブクラス” “コミュニティ ベネフィット” “ローカル カルチャー” を融合させた「スペースをRしていくビジネスデザイン」を発明し続けるソーシャルスマイルな研究開発型企業になっていければなあと思います。

少人数でありながら、業務の残業時間は少な目で、より経営効率・収益率を命題に。この頼もしい進化型の会社の仲間たちとであればもっとやれるかも。そんな社員募集も今だけ限定的に行っています。

10年生き残る企業は5%しかない説もありますが、11年目体制に入ったスペースRデザインをどうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせはコチラ↓
https://www.space-r.net

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。