吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > スペースRデザイン事業 > 住宅 vol67 2018 1月~まちを元気にするローカル不動産業

住宅 vol67 2018 1月~まちを元気にするローカル不動産業

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2018.2.10

『住宅 vol67 2018 1月~まちを元気にするローカル不動産業』におきまして、スペースRデザインの経営理念「ビンテージビルでひとがつながるまちづくり」をテーマに10ページ投稿させて頂きました。
執筆は、スペースRデザイン 梶原 あきさん、 樋井川村 吉浦 隆紀氏、久留米の 半田 啓祐・満兄弟、大牟田ビンテージのまち株式会社 冨山 博史氏。

表紙写真は私たちの活動模様。おいおい内容紹介させて頂きます。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。