大阪「UR香里団地」の入居者さんたちと

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2018.3.1

大阪「UR香里団地」の入居者さんたちと福岡の僕らが、“つながる集合住宅” の仲間になりました。
久留米の団地「コーポ江戸屋敷」で“集合住宅のコミュニティデザイン” とは何なのか?
2年がかりで 甲斐徹郎さんを講師に学んできた同窓生、UR大阪の片岡有吾さんが動き始めたこの『D51棟』。入居者さんたちによる花壇の制作管理。1Fスペースでのイベント。D51棟への愛着。つながった生活の楽しさ。これから何をしていこうとアイデア出し。これから起こることにワクワクされている。
集合住宅のあり方が、入居者さんたちとURさんのタッグで また大きな一歩を踏み出している様子を目撃しました。
おりしも 片岡さんの誕生日だったようで、入居者さんたちからのハピバースデー合唱に涙 不動産所有会社・管理者 片岡さん 😂

枚方市1950年後半に始まる日本の郊外型大規模住宅団地の先駆け「UR香里(メガ)団地」。
ピロティのD51棟。スターハウスのD40棟。ツインコリダー型高層10F建 D50棟。スーパー ピーコックはsince 1960年と誇らしげなサインで自分らの同級生。
こりゃ萌えるわ😁

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。