瑞穂ハイランド

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2018.3.18

ニューボードがやって来た。7年間お世話になった「YONEX Drive」から、2018年モデル「YONEX Smooth」へ。
激坂にはもう入れないので、日本製で 軽くて カーボンの反発でカービングが容易そうな板で選んでみました。
WAXINGしてしまって、遅すぎたスクランブル体制 😤

車で往復700kmにある島根県「瑞穂ハイランド」。平日コース閉鎖してまで週末に向けたゲレンデ整備技術が職人技で感動もの。芝生の中で4m幅だけ雪なんて関所もありますが、全メインコースが滑れる状態でこの気温の中素晴らしい。コンディションはザラメ~シャーベットで霧氷が美しい。
恒例の山頂から麓ゴンドラ乗り場まで「勝手にダウンヒル〈距離3km 下降高度694m〉」はコンディション的に朝イチのみチャレンジで、6分30秒/平均速度27km/最高速度48km。ニューボードのおかげで乗り味も心地よく、下手なりにずいぶんエッジ乗りカーブになりました。
今日は3時間集中して 滑走距離28km/累積下降高度3100m/で終わり。往復8時間運転のためサクッと帰る。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。