和歌山ドライブ

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2018.3.24

戦国時代、雑賀衆とともに国内初期の鉄砲生産で力を持ったと言われる根来衆の拠点「根来寺」に こんな美しい塔がありました。
当時は2000近くのお寺の建物があり、大名に近い経済・人口の力があったため(独立国のよう)日本統一の歴史の中で滅ぼされた勢力とのことでした。どうやって大きな材木を丸く曲げるのか不思議です。

根来寺のマルシェで発見、本格的薪のピザ窯を乗せた軽トラ。実店舗はあるそうですが、今日はイベント仕様と言いながら、焼き上がるまで2分ほどの焼きたてが美味しい!屋根はビールのアルミ缶。
こんな軽トラ DIYで造れたら最高😆

和歌山電鐵 貴志川線の終着「貴志駅」のニタマ駅長に会えました。狭い道に現れた駐車場もないスキマのような駅に 伝説の猫駅長が。
まちへの経済効果は確認出来ませんでした。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。