吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 日常のこと > まちなみ > 長野善光寺門前町の「古き良き未来地図のお話し」

長野善光寺門前町の「古き良き未来地図のお話し」

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2018.6.29

長野県長野市で、空き家群だった80棟がいつのまにかステキなまちの人たちの集まりどころになっていく善光寺門前のまち。その多くの再生案件を手がけられたのが、マイルームの倉石 智典さん。その様子は「続)古き良き未来地図(まち歩きマップ)」でもスゴい世界観で表現されています!

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。