吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > ビルストック研究会 > 『リノベーション事業の最前線』リノベーション住宅推進協議会九州部会セミナー@久留米

『リノベーション事業の最前線』リノベーション住宅推進協議会九州部会セミナー@久留米

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2018.6.25

「NPO法人福岡ビルストック研究会」の設立11年総会 @久留米mekuruto。今年も会員の講演活動や視察対応の努力で利益も出て、今年の『福岡DIYリノベWEEK2018』は 11月5日(月)~11日(日)で開催できることに。連動イベント『鹿児島DIYリノベWEEKEND2018』も須部 貴之さんより規模拡大の可能性も伺えて面白いことになりそうです。只今、鋭意制作中の本『DIYリノベWEEK5周年記念ブック』も形が出来てきて、完成お披露目が楽しみです。
その後の「リノベーションビジネスセミナー@久留米メクルト」では、たまたま鹿児島の須部さんと登壇。ブルーオーシャン戦略での実験的経営イノベーションをおこなってきたスペースRデザイン社の検証報告を久しぶりにさせて頂きました。こんなに大勢の若手事業者が集まられる久留米の雰囲気を初めて見ましたが、まちの未来ポテンシャルはやはり高いとみて良さそうですね。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。