吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > セミナー・勉強会 > セミナー、勉強会 > 九州大学大学院プログラム「2018都市建築コロキウム」に参加

九州大学大学院プログラム「2018都市建築コロキウム」に参加

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2018.4.19

今日から 九州大学大学院プログラム「2018都市建築コロキウム」に参加させて頂きます。
講義とワークショップを担当する後期では、ずっとお世話になってきた東京大学の松村秀一教授・長野のMYROOM 倉石智典さんと九州大学でご一緒にお仕事出来そうで嬉しい。設定テーマを基に、これまでの組み立てを再度練り直してみたいと思います。
自分に無いものを持つ建築系の学生さんの考えはとても興味深いもので。そしてこれが解体中の九州大学箱崎キャンパスとのお別れとなりそうです。

以前から注目していた工学部の可愛い箱はかろうじて残っていた。
木の窓・むき出し階段・木と同化した外壁。
この中に入るのは、特に夜この中に入るのは相当怖いだろうなあ。

後期テーマ:
『建築再生の作法』『リノベーションと都市・地域の再生』『新たな都市居住のスタイル』等

内容:
都市建築分野のみならず多様な分野に関係し、俯瞰的思考や横断的手法を用いて取り組む必要のあるテーマを取り上げる講義+インタラクティヴ形式(グループディスカッション等)。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。