春吉校区広報誌の「清川ロータリープレイス」

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2018.5.8

福岡市中央区清川のビンテージビルから、新たなまちの拠点づくりを続けてきた、新高砂マンション『清川ロータリープレイス』1Fフロアはおかげさまをもちまして満室になりました。
福岡のみならず全国からのクリエイティブオフィス・ショールーム・スタジオ・カフェの皆さまでフル稼働体制に入ります。
この先のテーマは、2Fオフィス・ロータリーパーク(元 駐車場)を用いたソーシャルプレイスの仕掛けづくり。
丁度、春吉校区の公報紙で私たちの思いと取り組みを取り上げて頂きました。
「ロータリー解体案」が出たあの時に、まちの未来を考えたロータリー活用の考えを訴えた方々がいなければ、こんなことにはなってなかったと思います。
“福岡では奇異なロータリーかもしれないけど、次の世代のためのまちの資源” の感覚が解る人だけに集まって欲しい。
そんな “時間をかけたまちのランドマーク”に出来ればと思います。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。