吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > 自社物件 > 冷泉荘 > 「建物エバリュエーション事例コンテスト」優秀賞受賞

「建物エバリュエーション事例コンテスト」優秀賞受賞

カテゴリー:冷泉荘
投稿日:2018.5.23

このたび、不動産流通推進センター主催「建物エバリュエーション事例コンテスト」におきまして『リノベーションミュージアム冷泉荘』をモデルに優秀賞を受賞させて頂きました。
全国の名だたる企業様とお名前を並ばせて頂いただけでも社員一同 身が引き締まる思いですが、これまでも今後も苦労が続く中こんな嬉しいこともあるからこそ、これからもみんなで頑張れそうです。
入居者されている皆さまはもちろん、私たちの経営理念に常々ご支援頂いている皆さまには大変感謝致します。
ちなみにエントリーカテゴリーは「リフォーム、リノベーション、コンバージョンを用いて既存建物の価値をクリエイトした事例」。
直接的には、現地 冷泉荘サテライト管理ディレクター 杉山 紘一郎君。コンテストエントリー担当 只今 広島県の “株式会社スペースRデザイン広島サテライト” で学術を担当する 梶原 あきさん というサテライトポジションの二人で頑張ってもらいました。これは新しい働き方への不動産企業としてのチャレンジでもあり。そして、間もなく還暦の冷泉荘が一番喜んでいるはず。
6月7日(木)東京での事例報告では、お世話になった全国の皆さんと久々お会いできるのが楽しみです。

建物エバリュエーション:不動産流通推進センター
https://www.retpc.jp/building-evaluation

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。