小笹団地now

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2018.7.11

「福岡県住宅供給公社」による再生中の福岡市中央区『小笹団地』。誰でも知っているのによく知らなかった、その実際を拝見させて頂きました。1956年から(60年前)から始まる54棟 978戸の偉大な事業は新たな段階に入っていました。「小笹山手地区」と新たにネーミングされた再生エリアの新築賃貸は、メゾネット、最高の眺望の部屋もありつつ、先進的な 自宅発電+他住戸とエネルギーシェアのエネファームを用いた省エネ賃貸。全住戸にタブレット端末を配布し電力の見える化がされ。家庭用燃料電池の電力融通が住まいを変える、公的賃貸で全国初の取り組みとのことでした。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。